*

「天神祭」のフィナーレ・「船渡御」と「奉納花火」は必見!


大阪の「天神祭」は、日本三大祭(他は京都祇園祭と東京神田祭)のひとつで、千年を越える歴史と伝統を誇る、「大阪夏の水と光の祭典」です。

平成27年の日程は、7月24日()が宵宮で7月25日(土)が本宮となります。本宮最終のフィナーレを飾る「船渡御」と「奉納花火」のクライマックス共演は絶対に見逃せません。その見どころやスポットをご案内します。

オススメの観覧コース

スタート:地下鉄南森駅から徒歩2分⇒「天満宮」にて、「陸渡御」の出発をお見送り

徒歩で北東へ12分⇒OAPタワー周辺で観覧場所確保

・メイン行事のスケジュール

 15時30分に「陸渡御」が天満宮を出発、18時から「船渡御」が大川にて開始、

19時より「船上祭」開始、同時刻より「奉納花火」の打上げも開始となります。

尚、25日当日が荒天の場合「花火」は順延とはならず、中止となります。

  • 「大阪天満宮」の市民からの愛称は「天満の天神さん」

 平安中期の天暦3年(949年)に創始されました。学問の神様として有名な菅原道真公を祀るため、全国に建立された天満宮の代表格です。創始の2年後から行われた鉾流神事が天神祭の起源とされます。天神祭の期間中はここを中心に様々な行事や儀式が執り行われます。

・写真は天満宮の正面

20-1

 

  • 陸渡御は3,000人の行列で、街中を華麗に彩る

「陸渡御」は天満宮から乗船場までの約3キロを、3,000人の行列が、豪華衣装をまとって、華麗に、そして豪快に行進する行事です。催太鼓を先頭に、神鉾、御羽車、御鳳輦、鳳神輿、玉神輿と続きます。

陸渡御のコースは、大阪天満宮を1530分に出発し→天神橋一丁目→老松通り→大阪市役所前→難波橋→最後は天神橋北詰の乗船場まで練り歩きます。

・写真は陸渡御の様子

20-2

 

  • 船渡御と奉納花火の共演はクライマックスの絶景

「船渡御」は天神橋と飛翔橋の間を100隻余りのかがり火を照らした船団が行き交う行事です。夜の7時から、船渡御の上空を打上げ花火が真っ赤に染め上げます。

まさに「船渡御」と「奉納花火」の共演はクライマックスに相応しい絶景です。

ここの花火でしか観ることの出来ない、梅鉢形の「紅梅」や協賛企業の名前を入れた「文字仕掛け花火」は見どころのひとつです。

〈船渡御と花火の両方とも見られるスポット〉

・桜ノ宮公園

・OAPタワー周辺(オオサカアメニテイパークタワー)

・OAPタワーの円形広場

以上の場所は人気スポットですので、早めに行って場所を確保しましょう。

・天神祭奉納花火2013

  • 階上スカイレスラン「楽待庵」で懐石料理を!

  • 大阪市内を360度願望できる、天満橋OMMビル22階にあるスカイレストランです。

    もちろん、天神祭の最終日「船渡御と奉納花火」のメイン会場となる大川一帯も見下ろす

    ことができます。

    ・ぐるなび‐楽待庵(天満橋、懐石料理)

    http://r.gnavi.co.jp/k003236/

    Sponsored Link

    Sponsored Link

    関連記事

    8-1

    綺麗な卯の花苑の一般公開に行きましょう

    スタート (住吉大社駅徒歩3分) 住吉大社 (駅の反対側へ 徒歩5分) → 住吉公園 (住吉大社駅に

    記事を読む

    9-1

    光明池の桜も見逃せません、新檜尾台公園で

    スタート (泉北高速鉄道光明池駅 徒歩1分) 新檜尾台公園 (光明池駅、南海バス「城山台まわり」行き

    記事を読む

    9-1

    景色のいい舞洲へ、純粋なゆりを見に行きましょう

    スタート (大阪市営地下鉄中央線コスモスクエア駅下車 北港観光バス コスモドリームライン「ホテル・ロ

    記事を読む

    2-2

    ビールファン必見!大阪のオクトーバーフェストへ

    スタート(地下鉄天王寺駅 徒歩5分) てんしば (すぐ)→ 慶沢園 (すぐ てんしば内) → クレー

    記事を読む

    6-1

    服部緑地5月祭、バラやツツジでお花見を!

    スタート (地下鉄服部緑地駅) 服部緑地5月祭 (服部緑地駅~江坂駅へ すぐ)→ 東急ハンズ江坂店 

    記事を読む

    3-1

    摂津峡桜まつりを楽しみ、美人の湯へ

    スタート (JR高槻駅北 塚脇行きで 塚脇下車または、無料送迎バスで約15分) 摂津峡 (すぐ) →

    記事を読む

    3-3

    八尾(大阪)の河内音頭まつりは、本場の伝統的大イベント!

    「さ~てはぁ~一座の皆様へ~~」で始まる、お馴染みの「河内音頭」の本場・大阪八尾では、大勢の

    記事を読む

    13-7

    玉造稲荷神社の夏祭で大阪の歴史に触れよう!

     豊臣・徳川時代を通じて「大阪城の鎮守神」として崇敬された「玉造稲荷神社の夏祭」が、7月15日(

    記事を読む

    2-1

    「ヒラパー」で動と静のお花見体験を!

    スタート (京阪電鉄 京阪本線枚方公園駅 徒歩3分) 枚方パーク (枚方公園駅に戻り 徒歩約3分) 

    記事を読む

    2-1

    「はやぶさ2」を学びに行きませんか 深井あたりで

    スタート (南海高野線深井駅 徒歩5分) ソフィア・堺 (南へ3分) → 野々宮神社 (深井駅に戻り

    記事を読む

    Sponsored Link

    Sponsored Link

    Message

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

    Sponsored Link

    Sponsored Link
    無題
    相棒シーズン16 第2話が無料で見れました!

    昨日の相棒を見逃したため、Youtubeを探したところアップされていな

    ww
    須藤 凛々花 結婚報告に関してマスコミ向け直筆コメントを発表

    第9回AKB選抜総選挙で結婚報告をし、物議を醸したNMBの須藤 凛

    4-1
    二人の巫女が華麗に舞う!菖蒲神事へ出かけましょう

    スタート (大阪市営地下鉄本町駅) 難波神社 (徒歩5分) → 法善寺

    3-1
    「街バル」を楽しみましょう!中崎町を再発見

    スタート (大阪市営地下鉄 中崎町駅すぐ) 中崎町バル (徒歩8分 大

    2-2
    リラックマと一緒に星空を!「堺星空館」

    スタート (泉北高速鉄道 深井駅 徒歩8分) ソフィア・堺プラネタリウ

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑

    スポンサードリンク