*

文化・歴史・自然の森から、上野エリア最大の夏まつりへ

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 6月のイベント, 7月のイベント

SPONSORED LINK

【文化・歴史・自然の森から、上野エリア最大の夏まつりへ】

△オススメお出かけコース▽
JR山手線・上野駅公園口→徒歩5分→国立科学博物館→徒歩10分→うえの夏まつり→
徒歩5分→四川東北料理・蜀郷閣→徒歩1分→JR山手線・御徒町駅(ゴール)

上野の街には美術館やコンサートホール、動物園、博物館などがあり古くから〝上野の森〟と呼ばれてきましたが、2012年に〝文化の森〟として再整備されてからは注目を集めるスポットでもあります。

その文化の森の中で、日本最大級の「国立科学博物館」は2つの常設展示場があり、日本館では実物化石標本や誰もが名を知る「忠犬ハチ公」の剥製標本が展示されています。

地球館では、トリケラトプスの実物化石標本、大型の哺乳類や鳥類の剥製が所せましと数多く展示され、ここでは子供だけでなく大人も心を引きつけられます。
          

〈営業時間〉  9:00~17:00(金~20:00)
〈休日〉    月(祝日の場合は開館し、翌日休み)
〈電話〉    03-5777-8600
〈公式サイト〉 http://www.kahaku.go.jp/

平日など、空いている時はゆっくり見て歩ける科博ですが、イベント開催時はさらにおススメです。公式サイトでチェックしてお出かけ下さい。
グラフィックス1

【夏まつり開催中の上野の街は見どころいっぱいの散歩コース】

自然と歴史にふれた文化の森から上野の街へ下ってくると、そこは夏まつりの賑わい。

江戸趣味納涼大会の名で始まったこの祭りは今年で64回目を迎え、訪れる人も年々増えて大きく盛り上がっています。

不忍池では骨董市や納涼ゆかた撮影会、おなじみ太郎次郎一門によるお猿のショー。

水上音楽堂前では涼しげな氷の彫刻、日が落ちたボート池ではとうろう流しが行われます。

「下町風俗資料館」も、ぜひ見てみたいものですね。

そして、この祭りのメインでもあり、見る人の心をとらえて離さないのがパレードです。
グラフィックス2      

約10の団体が、華麗にエネルギッシュなパフォーマンスを披露して練り歩くのはみごとで、感動を覚えます。

〈開催日程〉   平成27年7月11日(土)~8月9日(日)
〈パレード〉   7月18日(土)
         (ルート、時間等はWebサイトにてお知らせ)
〈お問い合わせ〉 03-3833-0030
〈Webサイト〉   http://www.ueno.or.jp (上野観光連盟)

上野では、夏まつりのほかにも音楽やアート関連のイベントがあちこちで開催されるので、まだまだ楽しめます詳細はWebサイトにて

上野といえば〝食〟もまた老舗からオシャレで新しいスタイルの店まで数多く立ち並んでいるので、どこに入ろうかと迷ってしまいそうですが、ガラッと顔を変えた御徒町駅周辺へと足をのばして行きましょう。

【メニューは100種以上、駅チカ穴場でランチは税込¥540】

御徒町駅北口へは徒歩1分の場所にあり、本場四川の味が堪能できる蜀郷閣(シュコウカク)は、昼夜ともにメニューが豊富で日替わりランチは税込540円とリーズナブル。
グラフィックス3  

夏の暑さと祭りの熱気、人ごみを歩き疲れたら駅チカでゆっくりとしたいものです。

家族や仲間どうしなら、120分のオーダー式食べ飲み放題がおススメです。

家庭ではなかなか難しい本場の中華、四川の辛さでパワーチャージして下さい。

〈営業時間〉  ランチ 11:30~15:00
        ディナー17:00~24:30
〈定休日〉   日(日曜営業あり)
〈電話〉    050-5789-7627
〈席数〉    45席
〈Webサイト〉  http://www.r.gnavi.co.jp
        (上記URLは、ぐるなびのサイトです。クーポンあり)

<その他 6月の東京イベント記事>

高幡不動尊 あじさい祭り

日本三大祭りのひとつ、日枝神社の山王まつりを見に行く

梅雨の風物、あでやかな姿に魅せられる文京あじさいまつりへ

椿山荘で蛍を探そう!

Sponsored Link

Sponsored Link

関連記事

高幡不動尊 あじさい祭り

高幡不動尊 あじさい祭り 梅雨の時期、爽やかなあじさいの眺めとお手軽フレンチを楽しんでみて

記事を読む

生駒のあじさいを堪能しましょう

スタート (近鉄奈良線「生駒駅」下車 近鉄生駒ケーブル「鳥居前駅」乗車で「生駒山上駅」下車 徒歩約2

記事を読む

高津宮夏祭に行って、近くの人気スポットへ行こう!

大阪の台所「黒門市場」の近くにある高津宮(こうづぐう)の夏祭が、7月17日(金)の宵宮(午後

記事を読む

初夏の風物詩 浅草観音 浅草寺 四万六千日(ほおずき市)

初夏の風物詩 浅草観音 浅草寺 四万六千日(ほおずき市)  梅雨明けも間近、初夏の風を

記事を読む

玉造稲荷神社の夏祭で大阪の歴史に触れよう!

 豊臣・徳川時代を通じて「大阪城の鎮守神」として崇敬された「玉造稲荷神社の夏祭」が、7月15日(

記事を読む

リラックマと一緒に星空を!「堺星空館」

スタート (泉北高速鉄道 深井駅 徒歩8分) ソフィア・堺プラネタリウム (深井駅の戻り すぐ) →

記事を読む

スペインのバルを楽しんでみよう

スペインのバルを楽しんでみよう スペインのバルが日本で流行り始めて1年ほどたち、認知度が上

記事を読む

アフリカフェスティバルはとにかくおもしろい!

スタート (都営地下鉄三田線「日比谷」駅より 出口すぐ) 日比谷公園 (有楽町駅へ 徒歩1分) → 

記事を読む

みたまを敬って 水上コンサートを堪能!

スタート (飯田橋徒歩1分) カナルカフェ (市ヶ谷方面へ 徒歩5分) → 靖国神社 (徒歩5分) 

記事を読む

昼はあじさい夜は星

昼はあじさい夜は星 あじさいといえば、6月から7月にかけて咲く露の風物詩ですが、日本最

記事を読む

Sponsored Link

Sponsored Link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Sponsored Link

Sponsored Link
格安ビジネスクラス ワンランク上の空の旅を満喫しよう

高嶺の花と思われがちな航空機のビジネスクラス。しかし、タイミングを選

並び屋バイトで食いつなぐポスドクの哀れさ

独立行政法人で研究員(委託社員)として働く秋山光太郎さん(仮名・35

4K8K話題の次世代型テレビ、重視すべきは保証と値段

’18年12月1日から4Kと8Kの衛星放送が始まり、注目を集めるのが

消費税10% サラリーマンが困窮し小売店は次々つぶれる!?

19年10月からの消費税2%の増税は、小遣い制度のサラリーマンにとっ

2019年アダルトテクノロジーはキャズムを超える!?

技術革新はマスターベーションから。昭和の時代には家庭用ビデオデッキ、

→もっと見る

PAGE TOP ↑

スポンサードリンク